So-net無料ブログ作成
検索選択
-| 2016年10月 |2016年11月 ブログトップ

信用情報載ってしまうと・・・ [債務整理]

月に一回の支払いが重圧となって、くらしが乱れてきたり、
不景気のせいで支払いが厳しくなったなど、従前と一緒の
返済ができない場合は、債務整理を行なうのが、下手な
ことをするより的確な借金解決法だと断定できます。


このまま借金問題について、思い悩んだりブルーになったり
することはもうやめにしませんか?



その道のプロフェショナルの知識と実績を借り、最も適した
債務整理を行なってください。借金返済で苦労していらっ
しゃる人は、債務整理を進めると、借金を減らせますので、
返済も正常にできるようになります。


このまま悩まないで、専門家に相談すると解決できると
思います。自己破産の前から払ってない国民健康保険とか
税金につきましては、免責をしてもらうことはできません。



そんなわけで、国民健康保険や税金については、各自市役所
担当に足を運んで相談しなければなりません。債務整理を
すれば、その事実に関しましては個人信用情報に記載され
ますから、債務整理を行なった方は、新規でクレジット
カードを作りたいと申し込んでも、審査を通過することは
無理なのです。



債務の縮減や返済の変更を法律の規定に従って行うという
債務整理をしますと、それについては信用情報に載せられ
ますので、自家用車のローンを組むのがかなり難しくなると
言われているわけです。


債務整理を行ないますと、その事実が信用情報に記載される
ことになり、審査の時にははっきりわかりますので、
カードローンだったりキャッシングなども、どうやっても
審査に合格することは不可能に近いと思われます。



借金返済の目途が立たない状態であるとか、金融機関
からの催促が酷くて、自己破産して楽になりたいと思うなら、
即法律事務所へ相談しに行った方がいい結果になるのは
見えています。



非道徳な貸金業者からの厳しい電話だとか、大きな金額の
返済に困っている方も多いと思います。そんなどうすることも
できない状況を解消してくれるのが「任意整理」なのです。



クレジットカード、もしくはキャッシング等の返済に困ったり、
返済がまったくできなくなった場合に行う債務整理は、信用
情報には明確に掲載されるとのことです。任意整理と
言いますのは、これ以外の債務整理とは違っていて、
裁判所の審判を仰ぐような必要がないので、手続きそのものも
手早くて、解決するまでに費やす時間も短いことが特徴だと
言えます。



借金返済問題を解決する方法のことを、ひとまとめにして
「債務整理」と称しています。債務と言っているのは、
決まった対象者に対し、規定のアクションとか決済を
しなさいと言う法的義務のことなのです。ウェブ上の
Q&Aページを調べると、債務整理の最中と言うのに
クレジットカードを新規に作ることができたという記事を
発見することがありますが、これにつきましてはカード会社
毎に変わってくるというべきでしょう。



債務整理直後の場合は、カードローン、もしくは消費者金融
キャッシングの利用は不可能です。任意整理を実行した
人も、通常であれば5年間はローン利用が制限されます。





債務整理をやった消費者金融会社、ないしはクレジットカード
会社につきましては、もう一回クレジットカードを作るのは勿論の
事、キャッシングをすることも困難であると受け止めていた方が
いいでしょう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

過払い金はホントに戻るのか? [債務整理]

債務整理が実施された金融業者では、5年間という月日が経った後、
事故記録を将来に亘り取り置きますので、あなたが債務整理をした
金融業者に頼んでも、ローンは組めないということを認識しておいた
方がいいと思います。


債務整理を実施したことで、その事実が信用情報に登録されることに
なって、審査の場合にははっきりわかりますので、キャッシング
あるいはカードローンなども、やはり審査での合格は難しいと言って
間違いありません。


今となっては借り受けた資金の支払いは終えている状況でも、
再度計算し直すと払い過ぎているという場合には、払い過ぎた
分として消費者金融業者に返還請求を行なうというのも、債務整理の
一部だと言えます。


放送媒体に頻出するところが、立派な弁護士事務所に違いないと
勘違いしやすいですが、何と言いましても重要視しなければならない
のは、本日までに何件の債務整理の委託をされ、その借金解決を
してきたのかです。個人再生については、失敗する人もいるみたいです。


勿論のこと、たくさんの理由があるはずですが、事前準備をしっかりと
しておくことが不可欠というのは間違いないと思います。過払い金返
還請求により、返済額を少なくできたり、現金が返戻される可能性が
あります。


過払い金が本当に返戻してもらえるのか、できる限り早く確認して
みてはいかがですか?当サイトでご案内している弁護士事務所は、
なかなか足が向かなった人でも気軽に訪問でき、フレンドリーに借金
相談にも対応してもらえると人気を博している事務所なのです。


残念ですが、債務整理を完了した後は、色々なデメリットが付きま
といますが、なかんずくきついのは、数年間キャッシングも不可と
されますし、ローンも組めないことだと言われます。費用が掛から
ない借金相談は、ホームページにある質問コーナーよりして下さい。


弁護士費用を準備できるかどうかと躊躇している人も、思いの外割
安で応じておりますので、問題ありません。裁判所が間に入るという
意味では、調停と何ら変わりませんが、個人再生ということになると、
特定調停とは異質のもので、法律に基づき債務を減額する手続き
になります。


借金問題や債務整理などは、家族にも相談を持ち掛けづらいもの
だし、その前に誰に相談すればもっともためになるのかもはっきり
していないかもしれないですね。そのような場合は、経験豊かな
専門家などに相談することをおすすめします。債務整理を実行した
後でありましても、自動車のお求めは不可能ではありません。


しかし、全てキャッシュでのお求めということになり、ローンにて
求めたいのだったら、しばらくの期間待つ必要があります。費用も
掛からず、話しを聞いてもらえる事務所もありますから、とにもかく
にも相談の約束を取り付けることが、借金問題を克服するための
ファーストステップなのです。債務整理をしたら、月々の返済額を
少なくすることも可能になるのです。


当HPでご紹介中の弁護士さんは割り方年齢が若いので、気後れ
することもなく、身構えずに相談していただけると思います。殊更
過払い返還請求、ないしは債務整理の実績が豊富にあります。


「私自身は払い終わっているから、無関係に違いない。」と決め
込んでいる方も、計算してみると想定外の過払い金が返戻される
という可能性も考えられなくはないのです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

金利が18%を超えたら危険です! [ヤミ金]



債務整理を行なおうとしても、任意整理の交渉中に、消費者金融業者が
脅すような態度を示したり、免責が可能なのか不明であるという場合は、
弁護士に委ねる方が間違いないと感じます。


信用情報への登録と言いますのは、自己破産であるとか個人再生を
したという場合に登録されるのではなく、ローンや借入金の返済が滞って
いる時点で、間違いなく登録されていると考えて間違いないでしょう。


ここ10年の間に、消費者金融やカードローンでお金を借り入れたことが
ある人・現在も返済中の人は、利息の上限を無視した利息である過払い
金が存在することもありますから注意してください。


キャッシングの審査に関しましては、個人信用情報機関が管理・保存して
いるデータ一覧がチェックされますから、現在までに自己破産であったり
個人再生等の債務整理の経験がある人は、審査を通過するのは
不可能です。


自己破産を選んだ場合の、お子さん達の教育資金を懸念している方も
いると思われます。高校や大学でしたら、奨学金制度を利用することも
可能です。自己破産をしているとしてもOKなのです。お分かりかと思い
ますが、各書類は揃えておく必要があります。司法書士、ないしは
弁護士に会う前に、ちゃんと用意されていれば、借金相談もストレスなく
進むはずだと思います。


任意整理と申しますのは、これ以外の債務整理とは異なっていて、
裁判所で争うようなことがないので、手続きそのものも難しくはなく、
解決に要する期間も短いことが特徴的です消費者金融の債務整理に
関しましては、自ら行動して金を借りた債務者だけに限らず、保証人に
なったが為に代わりに支払いをしていた人についても、対象になるとの
ことです。


根こそぎ借金解決を願っているのであれば、いの一番に専門分野の
人に相談することが大事になります。専門分野の人と言っても、
債務整理を得意とする弁護士だったり司法書士と会って話をする
ことが必要です。任意整理と言われるのは、裁判以外の「和解」です。


そんな意味から、任意整理の対象となる借り入れ金の範囲を好きな
ように決めることができ、バイクのローンを別にすることも可能なわけ
です。当たり前のことですが、債務整理を行なった後は、種々の
デメリットがついて回りますが、中でも苦しいのは、当分キャッシングも
不可能ですし、ローンも不可能になることです。借り入れ期間が
5年以上で、利息が18%を超過する場合は、過払い金発生している
可能性が大きいと言えるでしょう。法外な金利は取り戻すことが
可能です。

多様な債務整理のテクニックがあるわけですので、借金返済問題は
誰もが解決できます。何度も言いますが無謀なことを考えないように
お願いします。銀行系にカテゴライズされるクレジットカードも、任意
整理の対象となっていますから、カード会社に任意整理の申し入れを
した時点で、口座が応急処置的に凍結されてしまい、使用できなくなる
ようです。


借金返済に関する過払い金はまるっきしないのか?自己破産が
ベストの選択肢なのかなど、あなたの実情を考えた時に、どんなやり方
ベストなのかを分かるためにも、弁護士と話し合いの機会を持つことを
おすすめしたいと思います。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

ヤミ金の借金が家族に影響したら・・・  [ヤミ金]

家族にまで影響が及んでしまうと、たくさんの人が借金不可能な
事態に陥ってしまいます。従って、債務整理をしたとしても、家族が
クレジットカードを所有し使うことはできるらしいです。


質問したいのですが、債務整理を行なうのは恥ずかしいと考えて
いるのではありませんか?それよりもキャッシングなどの貸し
付けて貰った資金をそのままにする方が悪いことだと感じます。


貸金業者は、債務者又は経験があまりない弁護士などには、
強気の言動で臨むのが通常ですから、何としてでも任意整理の
実績豊かな弁護士にお願いすることが、望ましい結果に繋がると
思います。


個人再生については、失敗に終わる人も見受けられます。
当然諸々の理由を想定することができますが、事前準備を
しっかりとしておくことが不可欠であることは言えるでしょう。
債務整理された金融業者と言いますのは、5年という期間が
過ぎても、事故記録を継続して保持し続けますので、あなたが
債務整理を行なった金融業者を通じては、ローンは組めないと
いうことを自覚していた方がいいと思います。


借金返済に伴う過払い金はまるっきしないのか?自己破産
最も正しい選択肢なのかなど、あなたの現在の状態を認識
したうえで、どういった手段が一番いいのかを把握するため
にも、弁護士にお願いすることが大切です。キャッシングの
審査をする際は、個人信用情報機関に収納されている記録
簿を調査しますので、過去に自己破産とか個人再生みたいな
債務整理で金融機関に損害を与えた方は、難しいでしょうね。


「私自身は完済済みだから、騒ぐだけ無駄。」と信じ込んでいる
方も、検証してみると思いもよらない過払い金が入手できると
いう場合もあり得るのです。信用情報への登録についてお話し
すれば、自己破産あるいは個人再生をした際に登録されると
いうよりも、ローンや借金の返済ができていない時点で、
もうすでに登録されていると考えるべきです。料金なしにて、
気軽に面談してくれるところも見られますから、何はともあれ
訪ねてみることが、借金問題を解決するために最初に求め
られることです。


債務整理を行えば、毎月毎月の返済金額をダウンさせる
こともできます。完璧に借金解決をしたいのであれば、
最優先に専門分野の人に相談するべきだと断言します。
専門分野の人なら誰でもいいのではなく、債務整理の経験が
豊かな弁護士、あるいは司法書士に話を聞いてもらうことが
大切なのです。


債務整理につきまして、何と言っても大切になるのは、
弁護士をどのようにするのかです。自己破産の手続きを
進めるにも、絶対に弁護士に任せることが必要になるに
違いありません。ここ数年はテレビをつけると、
「借金返済で困っている人は、債務整理をしましょう。
◯◯法律事務所にご依頼ください。」のように放送
されていますが、債務整理と呼ばれているものは、借金を
きれいにすることなのです。


「知識が無かった!」では可哀想すぎるのが借金問題だと
考えています。問題解消のための手順など、債務整理に
つきまして押さえておくべきことを記載しています。返済で
苦しんでいるという人は、是非閲覧ください。債務整理後の
相当期間というのは、カードローンだったり消費者金融
キャッシングの使用はできないのが通例です。任意整理を
したケースでも、通常であれば5年間はローン利用が
制限されます。
タグ:闇金,家族

債務整理の異質さとは? [債務整理]

任意整理につきましては、これ以外の債務整理とは異質で、
裁判所を通すことは不要なので、手続きそのものも手っ取り
早くて、解決するのに要するタームも短くて済むこともあり、
利用する人も増えています。



弁護士は残債金額を考慮して、自己破産宣告をすべきか
否か相談に乗ってくれるだろうと思いますが、その額面を
確認した上で、違う方策を教示してくる可能性もあると
聞きます。


借金返済で迷っていらっしゃるなら、債務整理に踏み
切ると、借金が縮減されますので、返済の負担も軽く
なります。これからは思い悩まないで、専門家に相談
することが最善策です。


自己破産以前から払い終わっていない国民健康保険
とか税金につきましては、免責が認められることは
ありません。そのため、国民健康保険や税金に
関しては、各々市役所担当係に相談しに行くように
してください。


借金返済の能力がないとか、金融業者からの取り
立てが猛烈で、自己破産が頭をよぎるなら、直ぐに
法律事務所に頼んだ方が賢明です。債務整理が
終わってから、一般的な生活が送れるようになる
までには、ほとんどの場合5年は必要のはずと言わ
れますので、5年が過ぎれば、殆どの場合マイカー
のローンもOKとなるだろうと思います。


借金をクリアにして、生活を元通りにするために行なう
法律に沿った手続が債務整理と呼ばれるものです。
借金返済で苦労していらっしゃる場合は、兎にも
角にも債務整理を熟慮してみることをおすすめ
します。


個人個人の今現在の状況が個人再生が実行
できる状況なのか、別の法的な手段に打って
出た方が得策なのかをジャッジするためには、
試算は大事だと考えます。


中断されることのない請求に行き詰まっている
状況でも、債務整理に長年の実績がある弁護士
事務所にお願いすれば、借金解決までが早いので
、一気に借金で苦悶している現状から逃げ出せる
ことでしょう。


今日この頃はテレビで、「借金返済で苦労している
方は、債務整理をしましょう。◯◯法律事務所にご
連絡ください。」などと放映されていますが、債務整理と
言われるものは、借金にけりをつけることです。


任意整理については、裁判所の裁定に頼ることなく、
滞納者の代理人が債権者側と協議して、月単位の返済
金額を削減して、返済しやすくするものとなります。


「俺は支払いも終わっているから、該当しない。」と決め
込んでいる方も、試算してみると予想以上の過払い
金が入手できるということもないことはないと言える
わけです。平成22年6月に総量規制が完全に施行
されたので、消費者金融から制限をオーバーする
借用はできなくなったのです。


速やかに債務整理をする方が賢明です。原則的に、
債務整理を実行したクレジットカード提供会社に於いては、
永遠にクレジットカードは提供してもらえないという可能性が
高いと言えます。


自己破産であったり債務整理をするかどうか躊躇っている
方々へ。多数の借金解決の手順をご覧になれます。
それぞれを見極めて、ご自身にフィットする解決方法を
見い出して、お役立て下さい。

弁護士や司法書士じゃ太刀打ちできない!? [債務整理]

金融機関は、債務者または実績のない弁護士などには、
高圧的な姿勢で出てきますので、極力任意整理に長けた
弁護士にお願いすることが、期待している結果に繋がるの
だと確信します。


借金問題もしくは債務整理などは、家族にも相談しにくい
ものだし、その前に誰に相談すれば一番効果的なのかも
見当がつかいないのかもしれません。もしそうなら、安心
できる弁護士や司法書士に相談することを推奨したいと
思います。


法律事務所などに委託した過払い金返還請求のために、
ここ3~4年で色んな業者が廃業せざるを得なくなり、
全国にあった消費者金融会社は例年減少しているのです。


過払い金返還請求により、返済額が減少されたり、お金を
返還させることができることがあります。過払い金が
現実に返還されるのか、早々にリサーチしてみることを
おすすめします。


債務整理をする場合に、一際重要になるのは、弁護士の
選択です。自己破産の手続きを始めるにしても、とにかく
弁護士に依頼することが必要だと思われます。債務整理
直後の場合は、カードローン、または消費者金融
キャッシングの使用は制限されます。


任意整理をした人も、通常であれば5年間はローン利用は
不可とされます。債務整理を実行した後でありましても、
自家用車のお求めはできなくはないです。だけども、
現金のみでの購入とされ、ローンを使って手に入れたい
という場合は、しばらくの間待つ必要が出てきます。自己
破産した時の、息子や娘の教育費などを気にしている
人も多いと思います。


高校生や大学生だとしたら、奨学金制度を利用すること
もできます。自己破産をしていようとも問題ありません。
個人再生をしようとしても、とちってしまう人も存在して
います。


当たり前のことながら、色々な理由が考えられるのですが、
しっかりと準備しておくことが必須になるということは間違い
ないと言えます。弁護士の場合は、ド素人には困難な借入
金整理手法だったり返済プランを提案するのはお手の物です。


何しろ専門家に借金相談ができるというだけでも、メンタル的に
穏やかになれること請け合いです。借金返済で苦悶して
いらっしゃる場合は、債務整理を利用すれば、借金を削減
することができますので、返済も無理なくできるようになります。


あなただけで思い悩まず、弁護士などに相談を持ち掛けると
楽になると思います。消費者金融の債務整理に関しては、
主体的に借用した債務者は勿論の事、保証人になったが
故に返済をし続けていた人に関しましても、対象になるのです。


借金返済における過払い金は全然ないのか?自己破産が
選択する方法としてはベストなのかなど、あなたの現状を
理解した上で、どんな方法が最良になるのかを知るためにも、
弁護士と話し合いの機会を持つことが大事になってきます。


裁判所のお世話になるという部分では、調停と一緒ですが、
個人再生ということになると、特定調停とは違っていて、
法律に従って債務を縮減させる手続きなのです。どうにか
こうにか債務整理という手で全部返済し終わったと仰ろう
とも、債務整理をしたという結果は信用情報に保持
されますので、5年という期間はキャッシングであったり
ローンにて高価なものを購入することは予想している以上に
ハードルが高いと聞きます。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

弁護士や司法書士に相談が一番 [債務整理]

クレジットカード、もしくはキャッシング等の返済に窮したり、
完全に返済できなくなった際に実施する債務整理は、信用
情報には事故情報ということで掲載されることになるのです。


尽きることのない催促に困っている場合でも、債務整理を
得意とする弁護士事務所に丸投げすれば、借金解決まで
迅速に進めてくれるので、驚くほどの速さで借金に窮して
いる実態から解かれること請け合いです。


債務整理をした時は、その事実につきましては個人信用
情報に詳細に掲載されますから債務整理をした人は、
他の会社でクレジットカードを入手したくても、審査には
パスしないわけです。これから住宅ローンを利用して
自宅を購入したいという場合もあるに違いありません。


法律の上では、債務整理後一定期間が経てば許される
そうです。無償で、親身に話しを聞いてくれるところも
見られますから、とにもかくにも訪ねてみることが、
借金問題を切り抜けるためには必要です。債務
整理を実行すれば、毎月毎月返している金額を縮減
する事も可能なのです。


任意整理におきましては、よくある債務整理とは
異質で、裁判所に裁定してもらうことはないので、
手続きそのものも明確で、解決するのにかかる
スパンも短くて済むこともあり、非常に有益かと
思います。


弁護士に債務整理をお願いすると、金融業者側に
対して素早く介入通知書を配送して、請求を中止
させることが可能になるのです。


借金問題を解消するためにも、まずは相談が
必要です。現段階では借り入れ金の返済は終えて
いる状況でも、再度計算すると払い過ぎている
という場合には、法定を越えた支払い分として
消費者金融業者に返還請求するのも、債務
整理の一部なのです。


過去10年というスパンで、消費者金融であったり
カードローンでお世話になったことがある人・いまだ
返済中の人は、払い過ぎの利息、要するに過払い
金が存在することもありますから、調べた方がいい
でしょうね。


このウェブページで紹介されている弁護士は割と若い
ですから、遠慮することもなく、気負わずに相談して
いただけます。


主として過払い返還請求であるとか債務整理には
自信を持っているようです。過払い金返還請求をする
ことにより、返済額が少なくなったり、現金が返還される
可能性が出てきます。過払い金が現実に返るのか、
この機会に確かめてみることをおすすめします。


最近ではTVCMで、「借金返済で困っている人は、
債務整理を選択しましょう。◯◯法律事務所にご
連絡ください。」などと放送されているようですが、
債務整理というのは、借り入れ金をきれいにする
ことです。借金問題ないしは債務整理などは、
知人にも相談しにくいものだし、初めから誰に
相談するのが一番なのかもはっきりしていないかも
しれないですね。


そんな場合は、安心できる弁護士や司法書士に
相談すべきだと。断言します「俺自身は支払い済み
だから、該当することはないだろう。」と自分で判断して
いる方も、調べてみると考えてもいなかった過払い金が
戻されてくるなどということも想定できるのです。債務の
減額や返済の変更を法律に基づいて執り行うという
債務整理をしますと、その結果は信用情報に記録
されますから、マイカーのローンを組むのがかなり
難しくなるとされているわけなのです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

弁護士選びが一番のキモです! [ヤミ金]

ここ10年に、消費者金融又はカードローンでお金を借り入れた
ことがある人・いまだ返済中の人は、利息制限法を無視した
利息と言うことができる過払い金が存在することもありますから、
調べた方がいいでしょうね。


お金を必要とせず、親身に話しを聞いてくれる法律事務所も
存在しますので、いずれにしても相談の予約をとることが、
借金問題を克服するための最初の一歩です。債務整理を
すれば、毎月の支払額を少なくすることも可能になるのです。


エキスパートに力を貸してもらうことが、矢張りお勧めできる
方法です。相談したら、個人再生を決断することが実際自分に
合っているのかどうかが確認できると考えられます。平成21年に
結論が出た裁判のお陰で、過払い金の返還を求める返還
請求が、借金をした人の「当然の権利」であるということで、
社会に浸透していったのです。債務整理をしてから間もない
状況だと、カードローン、または消費者金融のキャッシングの
利用は困難になります。


任意整理を実施した方も、普通5年間はローン利用をすること
は難しいでしょう。


多くの債務整理の仕方が存在するので、借金返済問題は
誰もが解決できると思われます。繰り返しますが自殺などを
考えることがないようにしましょう。免責してもらってから7年
オーバーでなければ、免責不許可事由になってしまうので、
これまでに自己破産の経験がある人は、同じ過ちを何が
あってもすることがないように意識することが必要です。


「理解していなかった!」では悲惨すぎるのが借金問題だと
思っています。その問題解決のためのフローなど、債務
整理関係の承知しておくべきことを記載しています。返済で
苦しんでいるという人は、是非ともご覧くださいね。家族までが
制約を受けると、まるでお金を借りつことができない状態に
なってしまうわけです。


そういった理由から、債務整理をやったとしても、家族が
クレジットカードを所有し使うことはできます。過払い金返還を
請求すれば、返済額が縮小されたり、現金が返還される
可能性が出てきます。過払い金が現状返るのか、早目に
リサーチしてみてはどうですか?


平成22年に総量規制が完全制定されたということで、消費者
金融から制限をオーバーする借用を頼んでも不可になった
わけです。


今すぐにでも債務整理をする方が間違いないと考えます。
借金返済問題を解決することを、総合的に「債務整理」と
言っています。


債務というのは、確定されている人物に対し、規定の
アクションとか払い込みをしなければいけないという法的
義務のことです。借金をきれいにして、毎日の生活に落ち
着きを取り戻すために行なう法律を基にした手続が
債務整理だということです。


借金返済でお困りの人は、前向きに債務整理を熟慮すると
いいのではないでしょうか?キャッシングの審査が行なわ
れるときは、個人信用情報機関に収納されている記録一覧を
調べますので、今日までに自己破産とか個人再生みたいな
債務整理の経験がある人は、審査にパスするのは
至難の業です。


多重債務で窮しているというなら、債務整理によって、
現在債務としてある借り入れ金をチャラにし、キャッシングの
世話にならなくても暮らして行けるように努力することが
大事になってきます。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

-|2016年10月 |2016年11月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。